*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八坂神社
食後は八坂神社へ。
八坂神社は四条河原町界隈を訪れた時に
何度か前を歩きましたが、参拝は初めて。

神社とお寺用にご朱印帳を分けたかったので
神社用のご朱印帳の購入が主目的。
参拝した後に、ご朱印帳を購入。
ここも地味な表紙の蛇腹タイプしかありませんでしたが、
ご朱印帳代に、八坂神社のご朱印料も含まれているので
リーズナブルv

本殿の周り(という表現は適切じゃないかも)には
小さな神社のようなものが並んでいて、
それぞれに神様が奉ってありました。

中でも一際目を惹いたのは、美容水。

080530 八坂神社

身も心も美人になれるお水らしい・・・
チラッ、チラッと左右を確認98666
誰もいないのを確認して、顔にヒタヒタっとつけておきました。
(周囲を確認する辺りが、一人旅っぽいでしょw)

その後、社内を一回りして、再びこのお水の前に来たときには
老若女(男なしw)列が出来ていました。
美は女性の永遠のテーマですねv

四条の宿でしたので、ここから徒歩でホテルに戻り
京都観光終了。
(ちなみに夕食はデパ地下のお惣菜)
最終日はブログコンセプトとは違うので割愛します。

京都一人歩きレポ、これにて終了です。




気に入ったらポチッとお願いします。励みになります。


人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

FC2 Blog Ranking

Blog*fanランキングはこちら


スポンサーサイト

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

清水寺
嵯峨野からバスで五条烏丸まで戻り、歩いて清水寺へ。
嵯峨野からわざわざ清水へ行った理由は、
ショッピングがてらブラブラしたい、というだけ。
主目的が別にあるので、時間もふんだんにあるわけじゃないので、
どうしても行きたかったお寺だけは押さえて
後はブラリウィンドウショッピング。

で、何故清水なのか。

実は清水寺には何回か行ったことがあったんです。
なのに、二年坂、三年坂へ行ったことが無い。
だったら、ランチがてらぶらぶらしてみよう、清水寺も世界遺産になったことだしー。
という極めて単純なもの。

さて、五条烏丸から清水までは結構な距離があります。
それでも清水に近づくにつれ人が増え、
茶碗坂では人の渋滞。
日差しが強く、日傘を差している人も多かったので
歩き辛かった

清水寺に着いて、拝観料を払うにも長蛇の列。
中に入っても人・人・人・・・
音羽の滝も大行列。
お参り、見学というよりもとにかく人の波に従って歩きましょう、という感じでした。

080521 清水寺


清水寺は何度か来たことがあった上に、この混雑なんで
ぐるりと一回りするだけにして、
二年坂、三年坂へ界隈をブラブラ。
お漬物や生八橋を試食したり、和小物を見たり結構楽しいv

お昼時を過ぎても、食事どころはどこも一杯。
河原町界隈まで行くしかないかなーと思っていたら、
運良く二年坂のお店に入れたので、湯葉丼を頂きました。

080521 湯葉


ご飯の上に湯葉が包むように敷いてあり、
そこにとろっとしたあんがかかっている丼。
初めて見る「丼」でしたが、がっつりお腹にたまって満足v

京都って、あっさり目の味付けなイメージがあるのですが
これは、かなり濃い味が好みの私でも
「ちょっと味濃いかも」と思うような味付け。
私は十分おいしくいただけましたが、あっさりが好みの方はどうなんだろう
とちょっぴり思ったりして。

こうして清水界隈を抜け、八坂神社へと進みます。

それにしても、清水寺の混雑は想像以上でした。
ゆっくり境内を見たりお参り、写真撮影したいなら
早朝行くほうがいいかもしれませんね。
ウィンドウショッピングを楽しむなら、
知らない人とはいえ、沢山人がいたほうが入り安く
心強い気がします。



<納経帳記録(除:鎌倉三十三観音)>
+知恩院(浄土宗 総本山:京都府)(2008.05)
+愛宕念仏寺(天台宗:京都府)(2008.05)
+化野念仏寺(浄土宗:京都府)(2008.05)
+清水寺(北法相宗 大本山: 京都府)(2008.05)





気に入ったらポチッとお願いします。励みになります。


人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

FC2 Blog Ranking

Blog*fanランキングはこちら


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

化野念仏寺
【化野念仏寺】
拝観料:500円
浄土宗


このお寺はガイドブックに載っているものの
そんなに混雑はしていなくて、ゆっくり見学できました。

ガイドブックによく載っている、石を積み上げたような
石仏・石塔よりも竹林が風情があって好きでした。

全体的に、
「すごーい」「わぁ!」という印象は無く、
侘しいというか、物悲しいというか、そんな雰囲気を感じたのは
私だけでしょうか?

愛宕念仏寺のほうが、お寺も小さく、苔むして物理的に暗い感になのに
受ける印象が全く違いました。
他の人が行けば、また別の印象を受けるのでしょうし、不思議なものです。

080505 化野

このお寺に貼ってあった、「豆腐」と「つもり」の言葉。
心に響くものがあり、印刷された物が置いてあったので頂いてきました。
自分への戒めですw

化野念仏寺の後、バス停に向かっててくてく歩き。
畑?が広がりのどかな風景で、一人歩きも楽しめました。
ここで、嵯峨野歩き終了。



午後は世界遺産、清水寺へ向かいます。



<納経帳記録(除:鎌倉三十三観音)>
+知恩院(浄土宗 総本山:京都府)(2008.05)
+愛宕念仏寺(天台宗:京都府)(2008.05)
+化野念仏寺(浄土宗:京都府)(2008.05)





気に入ったらポチッとお願いします。励みになります。


人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

FC2 Blog Ranking

Blog*fanランキングはこちら



テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

愛宕念仏寺
2日目は、唯一丸一日観光に使える日。
奥嵯峨野にある愛宕念仏寺にはどうしても行きたかったので
そこを中心としてプランを考えました。
となれば、嵯峨野を中心に回れば効率がよいのですが
ここで私はちょっと考えました。

確かに、一番行きたい場所を中心に回れば
効率よく巡れます。

でも・・・

実際問題、寺社仏閣巡りって拝観料がかかるんですよね。
片っ端から見て回っていたら、けっこうな金額になる。
もっとポイントを絞ってゆっくり巡ってもいいかも。
そこで、午前中に「愛宕念仏寺」「化野念仏寺」を見学することにしました。

【愛宕念仏寺】
拝観料:300円
天台宗

080515 愛宕



朝8時に宿を出発、バスに揺られること45分。
山奥に入っていくような雰囲気のバス停を降りると目の前にあります。
あまりガイドブックで紹介されていないせいか
ひっそりとしていました。

NHKの「ゆく年くる年」やJR東海のCMで見て以来
どうしても会いたかった1200の羅漢さん。

080515 愛宕2


満開のシャガに囲まれ、苔むした羅漢さんも明るい表情に見えます。
どの羅漢さんも表情豊かで、見ていて本当に飽きません。

そんなに大きなお寺ではありませんが
1時間弱時間を費やしました。
この間、出会った観光客3組。
静かで贅沢な時間を過ごせました。



<納経帳記録(除:鎌倉三十三観音)>
+知恩院(浄土宗 総本山:京都府)(2008.05)
+愛宕念仏寺(天台宗:京都府)(2008.05)




気に入ったらポチッとお願いします。励みになります。


人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

FC2 Blog Ranking

Blog*fanランキングはこちら


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

京都: 黒酢や宋兵衛
初日の夜は、京都在住の友人とお食事

とりあえず、町をフラフラしながらお店探し。
寺町通りを歩いていると、

「黒酢や宋兵衛」

を発見。

実はこのお店、相互リンクさせていただいている
京都好きなの」さんで紹介されていたのを見て以来
京都に行ったら、是非行きたいと思っていたお店なんです。

夕食前だけど、せっかくなので
黒酢バーで1杯頂くことに。
私はブルーベリー、友人は梅をチョイス。

完全に好みの世界ですが、梅のほうが好きかも。
他にも日向なつやはちみつ等、飲んでみたいものが
たくさんありましたが、それは次回のお楽しみということで。


ちなみに夕食は京都とは全く関係ないイタリアンでしたw





気に入ったらポチッとお願いします。励みになります。


人気blogランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

FC2 Blog Ranking

Blog*fanランキングはこちら


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

プロフィール
□□そら□□

そら

Author:そら

最近の記事
お役立ち
JAL日本航空 先得 宿・ホテル予約ならじゃらんnet
楽天トラベル株式会社楽天トラベル株式会社
つぶやき
最近のトラックバック
最近のコメント
人気記事ランキング
ご案内

海外旅行の記録

カテゴリー
過去ログ
お気に入り

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。